日テレNEWS
スポーツ
2022年3月9日 15:41

テニス・セリーナのコーチ「公に発言したロシア選手に尊敬を」 これまでに男子世界ランク1位のメドベージェフなどが発言

テニス・セリーナのコーチ「公に発言したロシア選手に尊敬を」 これまでに男子世界ランク1位のメドベージェフなどが発言
「世界に平和を」とメキシコの大会で述べた世界ランク1位のメドベージェフ選手(写真:ロイター/アフロ)

テニスのセリーナ・ウィリアムズ選手のコーチなどを務めるパトリック・ムラトグルー氏が、ロシアのウクライナへの軍事侵攻に関して言及した、ロシア人のテニス選手に対して、「公に発言した選手に尊敬を表すべき」などと話しました。

ムラトグルー氏は2012年にウィリアムズ選手のコーチに就任。ステファノス・チチパス選手やコリ・ガウフ選手などのコーチも務めていて、テニス界では発言力を持つ人物です。

インスタグラムでは「ウクライナについてのことは、スポーツを超えたところで話し合われるべき」と持論を展開。

「ロシアの選手が体制(国家)の判断に異を唱えるということは、自分自身を危険にさらしているということ。だから、私たちは彼らへの尊敬を表すべきだ」と語りました。

ロシア出身の選手では、世界ランク1位のダニール・メドベージェフ選手が「世界の平和を願いたい」と話したり、アンドレイ・ルブレフ選手が「NO WAR PLEASE(戦争はやめて)」とカメラにサインするなど、意思を表明しています。