×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【バスケW杯】若き司令塔・河村勇輝 「クイックネスで世界の誰にも負けないように準備する」

【バスケW杯】若き司令塔・河村勇輝 「クイックネスで世界の誰にも負けないように準備する」

2023年8月23日 6:30
【バスケW杯】若き司令塔・河村勇輝 「クイックネスで世界の誰にも負けないように準備する」
バスケ日本代表・河村勇輝選手
8月25日(金)に開幕するバスケットボールワールドカップ。世界ランク36位の日本代表は東京五輪で銅メダルを獲得したオーストラリア(世界ランク3位)や、強豪ドイツ(同11位)、フィンランド(同24位)と同じグループEで戦います。“死の組”とも評されるグループで世界に挑む日本代表の全選手を紹介。今回は河村勇輝選手です。

山口県出身の河村選手は小学校1年の頃、自宅の庭にあるバスケットゴールでシュートを打ち始め、2年生の頃にチームに入団しました。チームの主力になり始めた小学校4年からは毎日自宅で300~400本シュートが入るまで練習を続けたといいます。

中学では全国大会に出場し、高校は福岡の名門・福岡第一に進学した河村選手。1年次からレギュラーを獲得すると、3年次にはチームのエースとしてインターハイとウインターカップで優勝。有終の美を飾ります。

高校での最後の大会を終えた河村選手は特別指定選手としてBリーグ・三遠ネオフェニックスに加入。“高校生Bリーガー”として注目される中、デビュー2戦目で21得点を決めるとその後も二桁得点を連発。平均12.6得点をマークし、新人賞ベストファイブに選ばれました。

その後、東海大に進学しますが2年次に退学。22-23シーズンから横浜ビー・コルセアーズにプロとして加入しました。そして今季、平均19.5得点、リーグトップ8.5アシストを記録するなどリーグのトップ選手として大活躍を見せた河村選手。シーズンMVPや新人王など個人タイトル6冠に輝きました。

身長は172cmと大きくないものの、スピードとテクニック、3ポイントを武器とする河村選手。高いオフェンス能力を持ちながら代表選出当初は、ボールを持ってもシュートを打たずトム・ホーバスHCから怒られることも。

それでも、W杯予選では7試合に出場し平均10.4得点、若き司令塔としてアシストもチームトップの5.6をマーク。22歳にして日本代表の顔へと成長しました。

ホーバスHCも「速さでは負けない、大丈夫」と惚れ込んでいる河村選手。それに対し、「そういうふうに期待されているということは、期待に応えることが僕の役割でもあるし使命だと思う。僕の武器がクイックネスなので世界の誰にも負けないようにしっかりトレーニングだったり練習をして準備したい」と意欲を語りました。

そしてW杯本番に向けて、「まずパリ五輪の出場権を獲得するために絶対アジアで一番になりたい。そして、バスケファンだけでなく、日本のみんなが注目していると思うので、バスケの発展のためにもこの機会を逃さずいい結果を残したりいいプレーを見せてバスケってこんなに魅力あるスポーツなんだって思ってもらえるような大会にしたい」と決意を語りました。

▽日本の1次ラウンド組み合わせ
8月25日(金) 日本×ドイツ
8月27日(日) 日本×フィンランド
8月29日(火) 日本×オーストラリア