×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • トニセンの喫茶店『喫茶二十世紀』がオープンへ 昭和の時代からインスパイアされたメニューを提供

トニセンの喫茶店『喫茶二十世紀』がオープンへ 昭和の時代からインスパイアされたメニューを提供

2023年8月13日 22:05
トニセンの喫茶店『喫茶二十世紀』がオープンへ 昭和の時代からインスパイアされたメニューを提供
20th Centuryの井ノ原快彦さん、坂本昌行さん、長野博さん
20th Century坂本昌行さん(52)、⻑野博さん(50)、井ノ原快彦さん(47)が手がけた喫茶店『喫茶二十世紀』が11月1日、渋谷区神宮前にオープンすることが発表されました。

『喫茶二十世紀』は、3人が小さな頃から身近な存在で、どこか居心地のよい喫茶店が少しず減ってきている現状を寂しく思い、“喫茶文化を絶えず未来に残していきたい”という思いから、約2年の歳月をかけて準備をしてきたといいます。

かつての喫茶文化を新しい未来へとつなぐ、“ずっと在り続ける喫茶店”として、3人が店内のデザインからメニューの開発までこだわりをもってつくりあげているということで、昭和の喫茶店からインスパイアされた、ナポリタンやたまごサンド、ソーダなどを提供。また、店内は、テーブル、椅子、食器類など、昭和の時代が生んだ色気のあるデザインをリスペクトした作りに仕上げたということです。