日テレNEWS
政治
2018年12月7日 11:56

“入管法改正案”攻防 今夜、最大の山場へ

“入管法改正案”攻防 今夜、最大の山場へ
(c)NNN

外国人労働者の受け入れを拡大するための出入国管理法改正案をめぐる攻防。野党側が、法案の採決を先延ばししようと提出した、参議院法務委員長に対する解任決議案が、7日午前11時半すぎ現在、参議院本会議で審議されている。

入管法改正案の採決に反対する立憲民主党の福山幹事長は、「法案は決して国民のためにならない」などと強調した。

立憲民主党・福山幹事長「法案の中身が、決して国民のためにならないと。我々野党の指摘が正当性があるんだと。そのことをお互い確認し合いながら、今日を臨んでいきたいと」

参議院法務委員長に対する解任決議案は、このあと与党などの反対多数で否決される見通し。その後、与党側は入管法改正案の採決に踏み切る方針だが、野党側は、山下法相の問責決議案も提出して抵抗する構えで、法案の成立は夜までもつれ込みそうだ。

一方で、検討されていた安倍内閣の不信任案の提出については野党内に慎重な声があり、見送られる公算が大きくなっていて、野党側の足並みの乱れも露呈している。

法案をめぐっては、これまで、外国人技能実習生の劣悪な労働環境が明らかになり、野党側は「議論の前提が変わった。次の国会でやり直すべきだ」などと訴えていた。しかし、与党側は今の国会で成立させる姿勢を崩さず、法案は7日夜、与党などの賛成多数で可決、成立する見通し。