日テレNEWS
スポーツ
2021年5月27日 21:25

ヤクルト奥川 9奪三振で交流戦初勝利

ヤクルト奥川 9奪三振で交流戦初勝利
(c)NNN

27日、プロ野球セ・パ交流戦のヤクルト対日本ハムの試合が明治神宮球場で行われ、ヤクルトの奥川恭伸投手が先発登板しました。

初回、2回と1点ずつ失いましたが、その後の3回、4回は3者凡退に抑えるなど好投を見せた奥川投手。

奥川投手はこの日、自己最多となる96球を投げ6回9奪三振の活躍を見せ、試合は5-2でヤクルトが勝利しました。奥川投手はこれで交流戦初勝利。「立ち上がり少し投げ急いでる感じがあり、少し思い通りのピッチングが出来なかったが3回以降修正して自分のピッチングをすることが出来ました」と振り返りました。