日テレNEWS
スポーツ
2022年3月22日 16:20

NPB&Jリーグ 独自の濃厚接触疑いの基準は維持する方向性 Jは声出し応援も検討

NPB&Jリーグ 独自の濃厚接触疑いの基準は維持する方向性 Jは声出し応援も検討
プロ野球は有観客で今季開幕を迎える意向

日本野球機構(NPB)とJリーグは22日、新型コロナウイルス対策連絡会議をオンラインで開催し、意見交換を行いました。

プロ野球は25日から公式戦が開幕します。全ての都道府県のまん延防止等重点措置が22日に全面解除となったことで、人数制限なしでの観客動員が可能となりました。

会議後の会見で、斉藤惇コミッショナーは「全国的にまん延防止の規制が解除になったということで、制限なしでお客様を迎えるということができそうでございます。しっかり準備をして開催したい」としました。

しかし、「クラスターが発生した場合は興行ができないので、われわれとしては今まで経験したことをマイナーチェンジ、よりいい方へ、厚労省のご指導も受け入れながら自身のルールを作っていく」と、濃厚接触者の特定は引き続き行うことを発表しました。

さらに、Jリーグの野々村芳和チェアマンはこれまで禁止されていた“声を出す応援”について見直しをしていく意向を見せました。

「見通しについては全く立っていない」としながらも、「どんな準備をしたり、どんなエビデンスがあったら元に戻るのかみたいなことはサッカーをうまく成立させるためには必要なことなので、そのデータを蓄積していく準備はしたい」と語りました。