日テレNEWS
スポーツ
2022年7月5日 19:00

「この1、2番最高だな」ヤクルト1、2番塩見&山崎の俊足コンビが初回からかき回す

「この1、2番最高だな」ヤクルト1、2番塩見&山崎の俊足コンビが初回からかき回す
ヤクルト1番・塩見泰隆選手(左)、2番・山崎晃大朗選手(右)

◇プロ野球セ・リーグ 巨人―ヤクルト(5日、東京ドーム)

ヤクルトは初回、1番の塩見泰隆選手、2番山崎晃大朗選手の連打から先制点を挙げました。

1番の塩見選手は、巨人の先発・戸郷翔征投手の5球目。高めのフォークを捉えてレフトへのヒットでノーアウトから出塁。

そして続く2番・山崎選手は、フルカウントから6球目、内角へのストレートをセカンドの深い位置へ。

速い打球を巨人のセカンド吉川尚輝選手は捕球できず、すでに走り出していた1塁ランナーの塩見選手はこの間に3塁へ。山崎選手も内野安打となり、ノーアウト1、3塁のチャンスを作ることに成功。

3番の山田哲人選手はレフトへきっちり犠牲フライ。3塁ランナーの塩見選手が悠々とホームにかえり、1点を先制しました。

チャンスを作り上げたヤクルト1、2番コンビに「塩見、山崎たまんねえなあ」「やっぱりこの1、2番最高だな」「連打お見事でした」と、SNSではファンの喜びの声が集まっています。