日テレNEWS
スポーツ
2022年5月18日 10:00

【独自】マッケンジーは「ドライバーで基本300ヤード飛ばす」東京SG・中村亮土 ラグビーリーグワン・プレーオフ前インタビュー

【独自】マッケンジーは「ドライバーで基本300ヤード飛ばす」東京SG・中村亮土 ラグビーリーグワン・プレーオフ前インタビュー
東京SG・中村亮土選手(中央)(写真:千葉 格/アフロ)

◇NTT ジャパンラグビー リーグワン2022 プレーオフトーナメント メディアカンファレンス(16日)

リーグワン・プレーオフトーナメントに進出を決めた東京サントリーサンゴリアス。
21日、花園で行われる東芝ブレイブルーパス東京との準決勝を前に、中村亮土キャプテンが日本テレビの独自取材に応じました。

――チームの見てほしいポイントは?

「垣永真之介選手がいいプレーをしたときに雄たけびをあげる。それがチームに勢いをつけるターニングポイントになります。今までは無視していた(笑)、 なんか吠えてるなぁくらい。今は垣永選手のところに行って共に喜びます、寂しそうだから(笑)。これがターニングポイントになって欲しいです」

――得点王のダミアン・マッケンジー選手はどんな方ですか?

「めちゃくちゃお茶目で弟みたいな感じです。一緒にゴルフもします、彼は上手いですよ。ドライバーがめちゃくちゃ飛びます。基本的に300ヤードは飛びます。チーム1飛ばします、あの身体(身長177センチ)で。身長206センチのホッキングス選手も飛ばすけど、ダミアンには負けます。悔しいですけど」

――(ほほえみの貴公子)マッケンジー選手はアドレスに入ったらほほえむんですか?

「ゴルフでは笑わないです。あんまり集中していないからかな。普通の顔して300飛ばすから悔しい」

――マッケンジー選手のラグビーの凄さは?

「ワークレートがすごくて、どこでも顔を出す。あとは嗅覚。やっぱりトップ選手らしいなと思います。休む時間をとっていなくて、マッケンジー選手だけみていたら、ずっと動いている。オールブラックス(ニュージーランド代表)の選手は、ボールを持っていない時の動きも勉強になるので、注目して欲しいです。また違った目線で見てもらうとラグビーがより一層楽しくなると思います」

――準決勝で対戦する東芝ブレイブルーパス東京の印象は?

「フィジカルの部分。パワーがあって、勢いもある。前に出てくる推進力がチームとしてあります。特にタマニバル選手は世界の中でも凄い選手。どうにかしなきゃいけないと思う。素晴らしい選手と戦うのは楽しみだし、僕にもサム・ケレビという相棒もいるので、一緒に倒したいです」

――リーチ マイケル選手は?

「彼の状態で、ブレイブルーパスが勢いづくか変わるのであんまり良い状態では出てきて欲しくないです(笑)。でも、お互いベストな状態で最高のゲームをしたい。 強いブレイブルーパスを倒すという意味では、リーチ選手がベストパフォーマンスをした上で、さらに上回り勝ちたいです。因縁の対決ではないが、そういうところも楽しみたいです」

――プレーオフに向けて、意気込みをお願いします。

「昨年も決勝で負け、悔しい思いをした中での今年の新リーグ。優勝したいという思いは強いです。ただ目の前のブレイブルーパスもそうだし、決勝も、僕たちはチャレンジャーの気持ちを持って相手にぶつかりにいきたいです」